プロフィール
aohate
aohate
aohateです!
AKシリーズが大好きです。
エアガンの外装カスタムが好きです。内部はいじりませんいじれません!
AKシリーズを主に木工カスタムとか。既存の物にこだわらずオリジナルカスタムも好きです。
製作のご依頼はウェブショップhttp://aohatecustom.com/ 又はメッセージよりお気軽にご連絡ください。
FaceBook https://www.facebook.com/aohate/
Twitter https://twitter.com/aohatecustom
アクセスカウンタ
メール 
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
QRコード
QRCODE

2016年05月31日

AIMSセットの完成とβスペツナズ用クリンコフタイプのウッドハンドガードとグリップの製作!

こんばんわaohateです!
最近色々していたらブログを書く時間が遅くなりがちなので、書けるときは早めに書くことにしました!
内容は変わらないけどね。。。

さて本日はまず製作を進めていたスタンダードAKシリーズ用AIMSタイプのウッドハンドガード、グリップ、ストックが完成したのでご紹介させていただきます。




















こんな感じですね。久しぶりのフルセットでしたがやっぱり全部そろえるととても迫力があってかっこいいですね!




バットプレートです。下側のビスにステンレス製のツメを取り付けて開閉できるようにしています。ビスは純正より長いものが必要になりますが、専用のものをお送りさせていただいています。
ここまで製作するのに時間がかかりますが、達成感は大きいですね。
こちらは明日発送をさせていただきますよ!

次に本日の作業です。
本日も昨日に引き続きβスペツナズ用クリンコフタイプのウッドハンドガードの製作からです。


昨日後部のツメを作って全体的に丸く削っておいたのでその続きで、まずはフォアエンドバンドを取り付けられるようにしていきます。




こんな感じにリューターで削って、やすりで調整してやります。フォアエンドバンドが取り付けられるようになったら完成ですね。






次に前側のツメを作っていきます。ここも後部同様にリューターで削っていきます。


これで上下ともに本体に取り付けられるようになりましたね。


上部には放熱穴をあけておき、下部の形状を作っていきますよ。


ベルトサンダーとリューターを使って形状を作っていきます。




ある程度形状を作ってサンドペーパーで磨いてやったら荒加工完了ですね!いい感じですね。
次に合わせてご依頼をいただいたウッドグリップの製作に取り掛かります。




材料を切り出してボール盤で下穴をあけ、中ぐりをしていきます。今回はちょっと小さい穴もあけてみました。


ボール盤で開けた下穴を、ひたすらリューターで削っていきます。削る量的にはそんなにないのですが、深い穴を掘るというのは結構大変ですね。


ある程度中ぐりが進んだら本体との取り合い部分を斜めに切っておきます。


更に中ぐりを進めていきます。この辺りは本体に取り付けてどのくらいか確認しながら進めていきます。
もうちょっとですね。本日はここまでです!明日は引き続きこちらのグリップを製作していきますよ。

今後の予定

KSC AKS74U用 ウッドハンドガード(放熱穴) 仕上げ塗装中!
次世代AKS74N系用 アッパーハンドガード オイルステイン塗装中!
AK47 HC・βスペツナズ用 クリンコフタイプウッドハンドガード・スタンダードAK用ノーマルウッドグリップ 製作中!
LCT AIMSタイプウッドハンドガード・グリップ

となっております。
ではまた!   

2016年05月30日

次世代AKS74N用アッパーハンドガードの荒加工完了と、AK47HC用ウッドハンドガードの製作!

こんばんわaohateです!
ちょっと前から身体がだるいなーとか思っていたのですが、どうやら風邪ひいたようです。。。

さて本日はまず土曜日の続きで次世代AKS74N用アッパーハンドガードの製作を進めていきました。


中ぐりを広げて、下部ハンドガードとともに本体に取り付けられるようにしていきます。


こんな感じですね。


本体に取り付けられるようになったら放熱穴をあけてやって、荒加工完了です。


バッテリーチェックを済ませたら磨いてやって、オイルステインで塗装していきます。今回はマホガニーで塗装していきますよ。
これで次世代AKS74N用アッパーハンドガードは仕上げ工程に入っていきます!

次にあわせてご依頼をいただいたAK47 HC・βスペツナズ用クリンコフタイプのウッドハンドガードを製作していきます。




まずは上部からですね。材料を切り出してボール盤で下穴をあけて中ぐりをしていきます。




中ぐりが終わったら、外側を丸く削っておき、前後のツメを作っていきます。ここはリューターで削っていきます。


前後の金具に合うように調整をして、さらに金具に合わせて再度外側を丸く削っておいて上部はとりあえずおいておきます。
次に下部を作っていきます。




下部も上部と同様に中ぐりをしていきます。


こんな感じで中ぐり終了です。


中ぐりが終わったら後部のツメをバンドソーで切り出しておきます。




後部のツメを作っておいたら、不要部分を切り取ってベルトサンダーをあて、ある程度形状を作っておきます。
本日はここまでです。明日は引き続きこちらのハンドガードを製作していきますよ。

今後の予定

スタンダードAK用AIMSタイプウッドハンドガード、ノーマルグリップ、ウッドストック (ワルイマーク) 仕上げ塗装中!
KSC AKS74U用 ウッドハンドガード(放熱穴) 仕上げ塗装中!
次世代AKS74N系用 アッパーハンドガード オイルステイン塗装中!
AK47 HC・βスペツナズ用 クリンコフタイプウッドハンドガード・スタンダードAK用ノーマルウッドグリップ 製作中!

となっております。
ではまた!   

2016年05月28日

スタンダードAKシリーズ用AIMSセットの塗装と、次世代AKS74N用アッパーハンドガードの製作!

こんばんわaohateです!
ウェブショップにてAKカスタムパーツを少量入荷しました!


今回は自分も気に入っているultimakタイプのハンドガード等入荷しました。
このハンドガード、非常によくできていて(構造的に)とても気に入っています。
ちょっとした加工で次世代AKシリーズにも取り付けられると思うのでお勧めです!


今度暇になったら違う次世代AKシリーズに取り付けられるように加工を実践してみたいと思います。

さて本日の作業です。


本日はまず製作を進めていたAIMSタイプのウッドハンドガード、グリップ、ストックの微調整をしてから磨いていきました。


磨き終わったらオイルステインで塗装していきます。今回はウォルナットで塗装していきますよ。
こちらは塗り重ねて仕上げていきます!
スタンダードAKシリーズ用AIMSセットはこれで塗装工程に入ったので、次のご依頼である次世代AKS74N用アッパーハンドガードの製作に取り掛かっていきます。




まずは材料を切り出して寸法を書いておき、前側の金属部品を取り付けるための柱となる部分を切り出しておきます。




次に中ぐりをしていくためにボール盤で下穴をあけておき、その穴をリューターとベルトサンダーで削って中ぐりをしていきます。


中ぐりのついでに前側の柱にもベルトサンダーをあてて丸く削っておき金属部品が入るようにしておきます。


中ぐりがある程度おわったら外側にベルトサンダーをあてて丸く削っておきます。この状態から前後の金具を取り付けられるようにしていきますよ。




こんな感じに金具を取り付けられるように削っていきます。ここはリューターで削ってやすりで調整していきます。




金具が取り付けられるようになったら、金具に合わせて再度外側にベルトサンダーをあてて丸く削っておきます。


次に中ぐりに戻っていきます。本体に取り付けられるように中ぐりを広げていきます。各干渉部を削り込み、後部の切込みも入れてあります。


これでとりあえずハンドガードを本体にはめ込むことができますね!まだ下部にあわせての中ぐりをしていないのでしっかりはまっていませんが。。。
本日はここまでです!明日はお休みをいただいて、続きは月曜日にしていきますよ。

今後の予定

スタンダードAK用AIMSタイプウッドハンドガード、ノーマルグリップ、ウッドストック (ワルイマーク) オイルステイン塗装中!
KSC AKS74U用 ウッドハンドガード(放熱穴) オイルステイン塗装中!
次世代AKS74N系用 アッパーハンドガード 製作中!
AK47 HC・βスペツナズ用 クリンコフタイプウッドハンドガード・スタンダードAK用ノーマルウッドグリップ

となっております。
ではまた!   

2016年05月27日

スタンダードAKシリーズ用ウッドストックの製作、荒加工完了!

こんばんわaohateです!
蒸し暑い日が続いておりますね。こういう時に腹を出して寝て風邪をひく!皆さんもご注意ください。

さて本日は昨日に引き続きスタンダードAKシリーズ用ウッドストックの製作を進めておりました。


昨日バッテリースペースの中ぐりをだいぶ進めておいたので、本日はストック基部側を作っていきます。


まずは真ん中にあけた下穴をガイドに、金属部分が入るよう削っていきます。




真ん中部分が彫れたら、上下に基部の固定部分が入る溝を彫っていきます。上側に来る方は、チョボがあるのでそれを逃がす溝を彫っています。この辺はリューターで彫っていきますよ。


これでストックは基部に取り付けて本体に取り付けられるようになりましたね!


本体に取り付けられるようになったら全体的にベルトサンダーをあてて形状を整えていきます。


こんな感じですね。バットプレートはまだついていませんがいい感じですね。


ちょっと中ぐりを広げておいて、バットプレートを取り付けられるようにしていきます。




まずはストック上下にバットプレートについているツメが引っ掛かる溝を彫っておきます。次にステンレス板を切り出して曲げてバットプレートに取り付ける板バネを作っておきます。




これでこんな感じにバットプレートを取り付けることができます。バットプレートは、下側につけられた板バネによって上側に押され外れないようになっています。


バッテリーはミニSサイズのバッテリーがこんな感じで収納できます。




こんな感じで、AIMSタイプのウッドハンドガード、ノーマルウッドグリップ、ウッドストックの荒加工は完了です!
このフルセットを作るのはなかなか大変ですが達成感は大きいですね。
本日はここまでです!明日は最後に少し手直しをした後オイルステイン塗装をしていきたいと思います。

今後の予定

スタンダードAK用AIMSタイプウッドハンドガード、ノーマルグリップ、ウッドストック (ワルイマーク) 荒加工完了!
KSC AKS74U用 ウッドハンドガード(放熱穴) オイルステイン塗装中!
次世代AKS74N系用 アッパーハンドガード
AK47 HC・βスペツナズ用 クリンコフタイプウッドハンドガード・スタンダードAK用ノーマルウッドグリップ

となっております。
ではまた!
  

2016年05月26日

KSC AKS74Uウッドハンドガードの製作と、スタンダードAKシリーズ用ウッドストックの製作!

こんばんわaohateです!
昔から作ることが好きです。家が貧乏だったので子供のころはおもちゃとかがなく、かわりに段ボールとか切っておもちゃを作って遊んでいました。
友達の家でやったファミコンのスーパーマリオを段ボールで再現しようとしたこともありました笑
ばかだよねー笑 でもそういったことが今の作業に少しでも影響を与えてくれているならそんな環境にも感謝ですね。
日々いろいろなことがありますが、様々な製作をさせていただいて充実した毎日を過ごさせていただいております。ありがとうございます!
うまくいかないことも色々ありますが、、、頑張りますよ!近々また新しくとても面白そうなことに挑戦できるかもしれないのでそちらもおってご報告させていただきます。

さて本日の製作です。
まずは昨日に引き続き、KSC AKS74Uウッドハンドガードの製作を仕上げていきました。




上部ハンドガードに今回合わせてご依頼をいただいた放熱穴加工を施していきます。




最後に全体に磨きをかけて、荒加工完了ですね!放熱穴からガスチューブが見えていい感じです。


オイルステインで塗装していきます。今回はウォルナットで塗装していきます。こちらはしばらく塗り重ねてから仕上げていきますよ!
さてKSC AKS74Uウッドハンドガードの製作が終わったところでいい感じにストック基部が届いたので、AIMSタイプのウッドハンドガードとグリップと合わせてご依頼をいただいたスタンダードAKシリーズ用ウッドストックの製作に取り掛かります!


まずはストックの形に材料を切り出しておき、各部の寸法を書いておいて中ぐりの準備をしていきます。




ドリルに長いキリをつけて下穴をあけていきます。この下穴は中ぐりの仕事を減らす役割と、真っすぐ彫っていくためのガイドとしての役割があるので結構重要な工程です。
が、小型なボール盤しか持っていないのでストックの長さになると懐の高さが足らず、いつもと違い電動ドライバーを使用しての下穴あけになっています。




ドリルであけた下穴をひたすらリューターで削って広げていきます。バッテリーを入れるため、13cmほど彫りこまないといけないですがこれが大変ですね笑 地味に確実に、ドリルとリューター2本をフル回転させて彫っていきます。


こんな感じです。もう少しだけほっていきますがバッテリースペースは大体こんな感じですね。
今回はストック基部側はまだ手を付けておらず、バッテリースペース側から彫っていきました。こっちの方が後々加工しやすいですね。
本日はここまでです!明日はストック基部側の中ぐりと、ある程度形状を作っていこうと思っています。

今後の予定

スタンダードAK用AIMSタイプウッドハンドガード、ノーマルグリップ、ウッドストック (ワルイマーク) 製作中!
KSC AKS74U用 ウッドハンドガード(放熱穴) オイルステイン塗装中!
次世代AKS74N系用 アッパーハンドガード
AK47 HC・βスペツナズ用 クリンコフタイプウッドハンドガード・スタンダードAK用ノーマルウッドグリップ

となっております。
ではまた!   

2016年05月25日

KSC AKS74Uウッドハンドガードの製作!

こんばんわaohateです!
最近カツオの刺身をご飯の上にのせてお湯をかけて食べるかつお茶漬けにはまっています。最近初めて食べたのですが、これがなかなかうまいんですよねー!茶入れないので茶漬けではないですが。。。

さて本日は製作を進めていたスタンダードAK用ウッドストックが部品待ちで作れないため、先にKSC AKS74Uウッドハンドガードの製作に取り掛かりましたので、そちらをご紹介させていただきます。




まずは上部からです。材料を切り出してボール盤で下穴をあけていきます。




ボール盤で開けた下穴を、リューターとベルトサンダーで削って中ぐり完了です。






中ぐりが終わったら、外側を丸く削っておき前後の金具を取り付けられるようにしていきます。ここはリューターで削ってから、やすりで調整していきます。




こんな感じにガスチューブを取り付けられるようになったらとりあえず上部はおいておきます!




次に下部を作っていきます。こちらも上部と同じく中ぐりをしていきますよ。


こんな感じですね。ヒューズボックスのないKSC GBBシリーズは次世代AKシリーズに比べ楽ですね。






中ぐりが終わったら、バンドソーで後部に切り込みをいれていきツメを作っていきます。




後部のツメを作って、本体に取り付けられるように調整しておいたら不要部分を切り取ってベルトサンダーをあてていきます。
ある程度形状を丸めておいたら前側のツメを作っていきます。




ここも上部のツメと同じくこんな感じにリューターで削っていきます。本体に取り付けられるように微調整をしておきます。
これで金具等を取り付けるツメは全部完成となりますね。


次に上下とも本体に取り付けて上部の幅を見ながら下部の形状を作っていきますよ!




全体的にベルトサンダーで削って形状を整えていきます。細かい部分はリューターで削っていきますよ。


こんな感じです。放熱穴加工等が残っていますがいい感じに進みましたね。本日はここまでです!
明日はこちらのハンドガードの仕上げをしていき、ストック基部が届き次第そちらの製作に戻ってきます。

スタンダードAK用AIMSタイプウッドハンドガード、ノーマルグリップ、ウッドストック (ワルイマーク) 製作中!
KSC AKS74U用 ウッドハンドガード(放熱穴) 製作中!
次世代AKS74N系用 アッパーハンドガード
AK47 HC・βスペツナズ用 クリンコフタイプウッドハンドガード・スタンダードAK用ノーマルウッドグリップ

となっております。
ではまた!
  

Posted by aohate at 21:03Comments(0)KSC AKS74U GBB

2016年05月24日

スタンダードAK用ノーマルウッドグリップの製作、荒加工完了!

こんばんわaohateです!
ついに扇風機を出しました。夜とか蒸し暑くて寝づらかったのが解消されそうです!

本日は昨日停電で作れなかったスタンダードAK用ノーマルウッドグリップ製作の続きですね。




昨日の状態から本体に取り付けられるように更に中ぐりを広げておきました。


中ぐりはこれでいい感じなので、左右から不要部分を切り取っておき本体との取り合い部分にツメを作っていきますよ。




こんな風に上から一段下げる感じでリューターで削って本体にかませるためのツメを作っていきます。






ここまでできたら形状を作っていきます。ベルトサンダーとリューターで削っていきますよ。




形状ができてきたらざっくりサンドペーパーで磨いて、荒加工完了ですね!


こんな感じです。これでハンドガードとグリップは荒加工完了となりましたね!
次にストックを作っていきますが、実は製作に必要な部品、AK47用ストック基部の手持ちが無いことに気づき急ぎ調達の方をしているのですが、現在部品待ちとなってしまいましたm(__)m申し訳ありません。。おそらく明日か明後日には届くと思いますが。。。!届き次第ストックの方の製作に取り掛かっていきます。
ストック基部が届くまでの間、次のご依頼であるKSC AKS74Uウッドハンドガードの製作に取り掛かろうと思っています。
ちょっと製作順がごたついてしまいますがご理解くださいm(__)m


今後の予定

スタンダードAK用AIMSタイプウッドハンドガード、ノーマルグリップ、ウッドストック (ワルイマーク) 製作中!
KSC AKS74U用 ウッドハンドガード(放熱穴)
次世代AKS74N系用 アッパーハンドガード
AK47 HC・βスペツナズ用 クリンコフタイプウッドハンドガード・スタンダードAK用ノーマルウッドグリップ

となっております。
ではまた!
  

Posted by aohate at 21:09Comments(0)スタンダード AK47

2016年05月23日

スタンダードAKシリーズ用ウッドグリップの製作!

こんばんわaohateです!
今日も暑かったですねー。。。
本日はまず製作を進めていたAK47 HC・βスペツナズ用ウッドハンドガードが完成したのでご紹介させていただきます。










こちらはノーマルタイプの形状で、マホガニーツヤありにて仕上げをした個人製作の物ですね。
本日よりウェブショップにて在庫販売をさせていただきます!

さて作業の方は昨日に引き続きスタンダードAKシリーズ用ウッドグリップの製作に取り掛かっていきます。




まずは中ぐりをしていきます。ボール盤で下穴をあけ、リューターで削ってモーターが入るように中ぐりをしていきます。




こんな感じで削っては下穴をあけ、削っては下穴をあけることを繰り返していきます。


ある程度中ぐりが終わったら、上側の本体との取り合い部分を斜めに切り出しておきます。




本体に取り付けながら干渉部分を削っていきます。
さてここまである程度快調に作業していたのですが、実は本日うちの地域が計画停電だったらしくいきなり電気が止まって作業終了となってしまいましたm(__)m
昼過ぎから電気がない状態だったのですが、仕事をやめてもPCもPS4もテレビもネットも当然使えず愕然としてもどうしようもないので昼寝してました。
まあ今日だけなので仕方がないですがグリップはある程度一気に作りたかったなあ。。。
明日続きをやっていきます!

今後の予定

スタンダードAK用AIMSタイプウッドハンドガード、ノーマルグリップ、ウッドストック (ワルイマーク) 製作中!
KSC AKS74U用 ウッドハンドガード(放熱穴)
次世代AKS74N系用 アッパーハンドガード

となっております。
ではまた!   

Posted by aohate at 21:27Comments(0)スタンダード AK47

2016年05月21日

スタンダードAK用AIMSタイプウッドハンドガードの製作、荒加工完了!

こんばんわaohateです!
本日も昨日に引き続きスタンダードAK用AIMSタイプのウッドハンドガード製作を進めていきました。




昨日下部の形状を大まかに作っておいたので、本日はまず前側のツメを作って本体に取り付けられるようにしていきます。




こんな感じでリューターで削って前側の金具を取り付けられるようにしていきます。これで上下ともに本体に取り付けられるようになりました。




上部と合わせながらリューターとベルトサンダーで削って形状を整えて完成に近づけていきます。


ある程度形になってきたらサンドペーパーでざっくり磨いて更に細かい仕上げをしていきます。




放熱穴をあけておき、今回は合わせてご依頼をいただいたワルイマークを彫っていきます。ここもリューターで、一番細いビットを使用して彫っていきますよ。






こんな感じでAIMSタイプのウッドハンドガードの荒加工は完了ですね!AIMSタイプのウッドハンドガードは個人的にもお気に入りですがやっぱりかっこいいですね!
本日は最後に次に製作をさせていただくウッドグリップの準備をして作業は終了しました!


明日はお休みをいただいて月曜日よりこちらのグリップとストックを製作していきます。

今後の予定

スタンダードAK用AIMSタイプウッドハンドガード、ノーマルグリップ、ウッドストック (ワルイマーク) 製作中!
KSC AKS74U用 ウッドハンドガード(放熱穴)

となっております。
ではまた!   

Posted by aohate at 20:57Comments(0)スタンダード AK47

2016年05月20日

スタンダードAK用AIMSタイプウッドハンドガードの製作!

こんばんわaohateです!
もうすぐ開催されるサミットの影響で、自分の住んでいる周辺は警察だらけです!
検問も多数設置されており、、、えらいことになってますね。
サバゲーに行きたいんだが、、、検問で止められるたびに「いやーおもちゃの銃で遊ぶんです」とか言ったらなんかめんどくさいことになりそうで(勿論法律上問題ないので大丈夫なんですが)その労力を考えるといきたくなくなります。m(__)m
六月になれば!サバゲーいくぞ!

さて本日より新たにご依頼をいただいたスタンダードAK用AIMSタイプのウッドハンドガードの製作を開始させていただきました。
ルーマニアのAKファミリーですね。独特な形状のハンドガードはAK好きにはなかなか心をくすぐられるところがありますね。


早速上部から製作していきますよ。




ボール盤で開けた下穴を、リューターとベルトサンダーで削って中ぐりをしていきます。最近よく中ぐりでベルトサンダーも使います。リョービの手持ち式のベルトサンダーを使っていますがこれがなかなかいいですね。


中ぐりが終わったらベルトサンダーで外側を丸く削っていきます。ここは大きい起き型のベルトサンダーで削っていきます。
手持ち式、起き型両方のベルトサンダー共によく削れて今やなくてはならない工具ですが、ちょっと手にあたるとずるむけるのが怖いところですね。バンドソーなんかの見るからに危ない工具は細心の注意をはらって使用するので今のところ怪我したことはないんですが、こういう簡単そうな工具ほどよくケガをしますね。




外側を丸く削っておいたら、前後のツメを作っていきます。ここはリューターで削っていきます。




金具を取り付けられるように調整したら、金具に合わせて再度外側を丸く削っておいて上部はとりあえず置いておきます!




次に下部です。こちらも上部同様に中ぐりをしていきますよ。






中ぐりが終わったら後部のツメを切り出しておき、さらに不要部分も切り取っておきます。


次にベルトサンダーをあてて、ある程度全体的に形状を作っていきます。AIMSタイプのフォアグリップも、ある程度角度や太さを決めていきますよ!


さらに削り進めてこんな感じです。今回は厚めの材料を使ったので削るのに苦労しますね。
本日はここまでです!明日は引き続きこちらのハンドガードの製作を進めていきますよ!

今後の予定
スタンダードAK用AIMSタイプウッドハンドガード、ノーマルグリップ、ウッドストック (ワルイマーク)
KSC AKS74U用 ウッドハンドガード(放熱穴)

となっております。
ではまた!  

Posted by aohate at 21:34Comments(0)スタンダード AK47