プロフィール
aohate
aohate
aohateです!
AKシリーズが大好きです。
エアガンの外装カスタムが好きです。内部はいじりませんいじれません!
AKシリーズを主に木工カスタムとか。既存の物にこだわらずオリジナルカスタムも好きです。
製作のご依頼はウェブショップhttp://aohatecustom.com/ 又はメッセージよりお気軽にご連絡ください。
FaceBook https://www.facebook.com/aohate/
Twitter https://twitter.com/aohatecustom
アクセスカウンタ
メール 
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
QRコード
QRCODE

2015年04月29日

次世代AKS74Uサムホールハンドガードの製作!

こんばんわaohateです!
ご依頼を頂いた次世代AKS74U用サムホールハンドガードの製作を開始しましたよ!
サムホールハンドガードはとても人気ですね。持ちやすさもそうですがあのフォルムはAKシリーズにしか出せない魅力だと思います!
今までにAKS74U、AKS74N、前回製作させていただいたβスペツナズと僕が持っている三種類の電動ガン全てサムホールタイプのハンドガードを製作させていただきました。三種類ともそれぞれ本体とハンドガードの長さに合わせて形状を変えているので、並べて比べてみると面白そうです。

ではまずは上部からです。




切り出した材料に穴をあけ、中ぐりをしていきます。ドリルで下穴をあけておいてからリューターで広げて完成です。
ドリルで穴をあけるとき、深さを決めておくとその部分までリューターで彫るだけなので失敗が少なく綺麗に作れますよ。
自分は3cmでドリルの刃に印を打っておき、ちょっと手前でとめてリューターで広げ2,8cmを目安に中ぐりしております。


次に周りを削ってかまぼこ型にします。この際に取り付け金具をあてがって印にしておき、それに沿ってなるべく均等に周りから削っていってやりますよ。
綺麗に削ってやると金具の取り付け部を削り出す際位置を出すのが容易になるので上部を作る際の重要ポイントだったりします。


まずは後ろ側から削り出してやります。こんな感じ。
ちなみに金具取り付けに使うビス、前側の少し小さいビスはなんでもいいんですが、後ろ側のビスは小さいとハンドガード固定ピン(本体についてるバネ式のやつ)がビス穴にはまってうまくハンドガードを装着できない為、次世代ハンドガードシリーズではここのビスだけは特別な物です。
前側はきっちりあうのが近くで手に入るんですが後ろ側はどうしても手に入らずネジ屋さんから取り寄せました!4000本あるのでaohate customより購入、注文して下さった方で後ろのビス無くしてしまった!って方はご連絡下さればお送りするのでお気軽にご連絡下さい!


前側はこんな感じ。こちらは金具に沿って周りを削ってやるだけなので簡単です。



こんな感じで上部はとりあえず完了です。AKS74Nハンドガードでは本体との取り付けに結構調整をしなければならないのですが、AKS74Uはこの状態で本体に取り付けできますよ。バッテリースペースのゆとりのおかげですね。


次に下部を作っていきます。
上部と同じくまずはドリルで穴あけ~リューターで広げて中ぐりです。
見ての通りサムホールハンドガードは大きな材料から削り出して製作していくのですが、ケヤキ材は堅くて重いのでこれを持ちながらリューターで削るのは結構大変ですw




中ぐりが終わったら後ろ側のツメを作っていきますが、無駄に重いのでいらないところは切り取って捨てましょうw


こんな感じです。これでとりあえずハンドガードを本体に取り付ける事が出来ます。


本体に取り付けられたら、本体から前側のハンドガードリテイナーの場所が割り出せるので印を打っておき、前側のツメを削り出す準備として外側をある程度形にしていきますよ。これは上部ハンドガードで行ったツメを彫り出す前にかまぼこ状にするのと同じ理由です。






ある程度形になったらリューターでツメを削り出します。そして本体に取り付けながら金具と合わせ、ヤスリで細かい修正をかけてやって完了です。




下部も本体に取り付けられるようになったら上部をはめて上下のすり合わせを行います。そして上部の幅に合わせて下部の溝を彫っておいてやります。これをすることで、下部ハンドガード上面の幅が出せるので下部ハンドガードの細かい形状の修正に移行できるというわけです。
本日はここまでです。久々ですがずっとやってきたことなのでもう体が覚えている感じです。
こんなにすんなりいくとどんどん出来上がっていくようで楽しいですね。
明日は全体的な形状をある程度形にしたいと思っていますよ!
ではまた!  

Posted by aohate at 19:47Comments(2)次世代AKS74U

2015年04月28日

βスペツナズ用サムホールハンドガード、グリップの完成!

こんばんわaohateです!
昨日今日とご依頼を頂いて製作しておりましたβスペツナズ用ハンドガード、グリップの塗装と仕上げをかけておりました!
まずは塗装です。


完成したハンドガード、グリップをサンドペーパーで磨き、下地を仕上げておきます。


次にウォルナットで下塗りです。今回は濃いめのマホガニーとウェザリング加工のご希望でしたので、下にウォルナットを塗って色味を整えておきますよ。


そして全体的にウェザリングです。今回のサムホールハンドガードみたいに角ばった形状だとウェザリングしやすく、なおかつ効果が出やすいです。
手前のノーマル形状の上部ハンドガードはちょっと荒めにバトルダメージをしてみました。


そして上からマホガニーを塗っていきます。
今回は濃い部分に色をのせる感じでマホガニーを足してみたのですがなかなかいい感じになりました。
そして上から艶消し塗装をかけて完成です!




今回初めてのβスペツナズ用サムホールハンドガードとグリップのセットですが、めっちゃいい感じに仕上がりました!
新品のプラレシーバーには渋すぎるウッド感ですw




独特の形状と上部の放熱穴あき、色合いも良く似合っていてでハンドガードもかなりいい味出てます。


グリップです。太く見えますが持ちやすくいい感じで気に入りました。こちらも時間があれば自分用にも作ってみようと思っていますよ。
なんとなくサイコパスのドミネーターのグリップに似ているような。。。なんてね。




こちらはうっかりノーマル形状にしてしまった上部ハンドガードです。バトルダメージとして全体に磨きをかけて仕上げた後、あえて傷をつけてから塗装しています。
そうすることで傷の部分が黒ずんでいい味が出ますよ。
これでβスペツナズ用サムホールハンドガード、グリップの製作は終了となります。
明日発送させていただこうと思っていたのですが祝日なので発送は明後日になります!

本日はこちらの仕上げをしながら次のご依頼を頂いている次世代AKS74Uサムホールハンドガードの製作を進めていたのですが、そちらは明日から記事にさせていただきます。
人気のAKサムホールハンドガード続きですが本体が次世代にかわりますよ。次はご依頼としては初の次世代AK用ウッドストックも製作させていただきます!
こちらも面白そうで楽しみです。
頑張りますよー!ではまた!  

Posted by aohate at 20:26Comments(0)βスペツナズ・AK47 HC

2015年04月26日

βスペツナズ用 グリップの製作 荒加工完了!

こんばんわaohateです!
暑い日が続いておりますね。しかしまだまだ朝晩は寒かったりするので風邪などひかぬよう皆さん注意してくださいね。

さてさてご依頼を頂いて製作しておりますβスペツナズ用サムホールハンドガードとグリップのセット、グリップの荒加工が完了しましたよ!
今回は両方ともご相談をしながら製作をさせていただいているのでこちらもご依頼主様の確認待ちとなっておりますが、個人的にはなかなかいい感じにできましたよ!


まずは前回中ぐりの終わったグリップを取り付けられるようツメを彫っていきます。


こんな感じです。
この三つのツメで前後へのガタツキを無くします。


取り付け部を作ったら、いよいよ外側の形状を作っていきますよ。今回はフィンガーチャンネル付きのタクティカル仕様というご要望だったので、製作したサムホールハンドガードにあわせながら形状を作ります。


こんな感じに。フィンガーチャンネル製作するのを第一に、持ちやすく削ってみるとこんな感じになりました。
CAAのやつやったかな?こんな樹脂グリップありましたね。フィンガーチャンネルより上はほぼ純正グリップと同じ大きさですが下側は少し太くなっています。太くなっている部分に親指をのせられるのでとても握りやすいです。






ごつく見えますがサムホールハンドガードもごついのでなかなか似あっていますね。これ色塗ったらめっちゃカッコよくなりそうです。。。
まだ少し微調整を加えるつもりですがご依頼主様よりオッケーが出ればこちらも仕上げにかかっていきますよ。
ではまた!  

Posted by aohate at 20:52Comments(0)βスペツナズ・AK47 HC

2015年04月24日

βスペツナズ用 グリップの製作!

こんばんわaohateです!
最近暖かくなってきて嬉しい限りですね(^^)/
そろそろガスガンも快調作動してくれそうなんでハンドガン戦とか楽しそうです。
自分はセカンダリとしてマルイのM1911A1を使用しているのですが、今年はなんかガスブロハンドガンもう一つぐらい欲しいなあとか物欲が出てきています。
いやでもショットガンも欲しいなあ。。。

さてさてβスペツナズ用サムホールハンドガードの形状はご依頼主様からオッケーがでたので、グリップを製作中ですよ。
以前AK47用のサムホールストックを作った時にグリップも製作しましたが、今回はグリップのみで実はaohate custom初の製作となります。
なので、、、失敗しまくっておりますm(__)m
グリップ難しいですねw 次世代AKのハンドガードを製作しだした頃も失敗しまくりでしたが、設計図があるわけでは無いし手作業なので最初は勝手がわからず削り過ぎたりすることがよくあります。上手に作れるようになるまで、慣れるまでは作り続けるしかないですね。
では紹介です。






まずは適当に切り出しておいた材料の上下に下穴をあけていきます。上側は最終18mmの大きさまで、下側はモーター下部のネジ穴に突き刺さるので7mmまで広げつつ真っ直ぐ貫通させていきます。


広げたところにリューターを突っ込み、さらに広げつつ下向きに彫ってきます。
画像の通りリューターを突っ込むとほとんど中が見えないので、ドリルで開けた下穴をガイドに勘で彫っていきますよ。


ちなみに深さは大体9cmぐらいになります。フレキシブルシャフトを取り付けたリューターを半分以上突っ込む事になります。
リューターでこんな作業する人いるんでしょうか?w 完全に間違った使い方なので真似しないでくださいね。


彫り終わったところです。10cmぐらいはこれで彫れるでしょうがそれ以上はリューターが持てないので無理ですね( 一一)
で、ここまできたら周りを削って形を作っていきます。。。が一個目はここで失敗しました。。
外側から削り過ぎて穴が開いてしまったわけです。次世代AKの上部ハンドガードと同じくここの厚みは感覚をつかむまで難しそうです。


右が失敗作。左が同じ工程で作っている物です。ちなみに4つ目ですw 2,3個目も同じようなミスでボツになりましたm(__)m
4つ目にしてここまでいい感じにきたので何とかこれで仕上げていきたいですね。
次頂いているご依頼が終わったらグリップ製作練習をしようと思います。
ではまた!  

Posted by aohate at 20:59Comments(0)βスペツナズ・AK47 HC

2015年04月22日

βスペツナズ用サムホールハンドガードの制作 荒加工完了!

こんばんわaohateです!
βスペツナズ用サムホールハンドガードの製作の続きです。
昨日大まかに形状が完成した下部ハンドガードに細かい修正をかけていきます。


微妙なサイズ修正や曲線を出したり、左右をあわせたりしていきます。大きな変化はないですがこれが終わると磨き→塗装仕上げになるのでチマチマとしっかりやっていきますよ。







ごつくみえるサムホールハンドガードですが、しっくりきて持ちやすいです。
今回はシャープで角ばった部分をいれつつ丸みを持たせた感じに仕上げましたよ。
なかなかかっこいいんじゃあないでしょうか?ちなみにサムホールの前部分は、いつもより若干後ろに傾斜させることで握る面積を増やしています。
ここまでいい感じなのですが、実はこの後上部ハンドガードの放熱穴をうっかりノーマル形状と同じ位置にあけてしまい、新たに作り直したのでしたm(__)mうっかり。。。






新たに作り直した上部ハンドガードに、今回はご依頼を頂いていた放熱穴を多数あけ各部調整して取り付けです。放熱穴はいっぱいあるのでノーマル位置には放熱穴はいりませんね。
ご依頼主様のご確認を待ってからになりますがこんな感じで荒加工完了です。
確認して頂いて修正点があれば修正していきます。

オッケーが出れば明日からはこのハンドガードに似合うグリップ製作にかかろうと思っていますよ!
ではまた!  

Posted by aohate at 20:17Comments(0)βスペツナズ・AK47 HC

2015年04月21日

βスペツナズ サムホールハンドガードの製作続き!

こんばんわaohateです!
最近体の調子が悪い気がします。。。なんか二、三日まえから蕁麻疹みたいなんができてます( 一一)身体自体は元気なんですが。なんやろ。。?

さてさてご依頼を頂いたβスペツナズ用サムホールハンドガードの製作の続きです。


各部の調整がまだまだなのでちゃんと取り付けできてませんが形状をつかむために仮組です。
こうやって本体とのバランスを確認しながら全体を調整していきます。


全体的に大きかったので削って小さくしていきます。AIMSタイプのグリップ付きハンドガードと比べるとこんな感じです。
サイズ感的にはいい感じになってきました。


ドリルで下穴をあけ、リューターで広げ整えてサムホールも完成です。
本日はここまでです。明日から全体に調整をかけていき、完成に近づけていきますよ。
ではまた!  

Posted by aohate at 22:16Comments(0)βスペツナズ・AK47 HC

2015年04月20日

βスペツナズ用サムホールハンドガードの製作!

こんばんわaohateです!
一昨日後頭部をムカデに刺されました。。。
三重に来てからもう何回も刺されたので慣れっこって感じでしたがやっぱ痛いですね、特に今回は頭でしかも早朝で嫁さんのお父さん特製の秘薬(マムシを漬けたやつ)がなかったので仕方なく痛み止めを飲んで寝ましたよ( 一一)
きん○○を刺されたときも痛かったけどね。。。

さてさて本日よりご依頼を頂いたβスペツナズ用のサムホールハンドガードを製作していきますよ!
昨日書いた試作AIMSタイプのグリップ付きハンドガードや今回製作させていただくサムホールハンドガードみたいに、バッテリースペースが無い分はゆとりを持って色々な形を製作できると思うので個人的にはこれからすごく楽しみです。
しばらくは次世代AKシリーズと同じケヤキ材で製作させていただきますが、後々合板材でも製作を試みたいと思っています。
では製作の方にいきます!




まずは上部です。次世代みたく風呂桶型にくり抜かず、まっすぐぬいてやるだけなので中ぐりは簡単です。
取り付け方法も前後ハンドガードキャップで挟み込むだけなのでビスも不要で最高ですねw


今回は、ご依頼主様に上部形状を少し膨らんだような感じで製作してほしいとのご要望がありましたので、削り過ぎず丸っこい形にて製作していきます!




細かい修正は後でやりますが、まずはこんな感じです。ベルトサンダーで大まかに削ってやった後、サンドペーパーで曲線を作っていきます。
小さいのでベルトサンダーがあてにくくまた削り過ぎてしまう危険が高いので注意ですね。


取り付けてみるとこんな感じです。
上部はこんな感じでとりあえずおいておきます。
次に下部です。


まずは中ぐりですね。こちらもほぼ真っ直ぐぬいてやればオッケーです。今回は取り付けるよう設計していませんが、後部はフォアエンドバンドの形状に沿ってくり抜きます。




後部のツメです。次世代に比べると細長いです。ちょっと頼りない感じですが前のハンドガードリテイナーで挟み込んで固定するので問題はなさそうです。
特有の後部へのせり出し部分を確保しながらツメを彫り出してありますよ。


サムホールハンドガード製作に際して参考画像を頂いたのですが、なかなかサイズ感等をつかむのが難しくて、かなり大きめに材料を切ってあります。
画像をネットで拾って等倍にしてプリントした物から型を取ってもいいのですが、個人的に単に画像を木製立体化するだけってのはすごく嫌なので画像を見ながら、本体と合わせながら感覚で調整していきますよ。








こんな感じです。
ちょっと全体が見えてきたような感じです!
本日はここまでです。明日はもっと全体的に形を整え、サムホールをあけて完成に近づけたいと思っていますよ。
ではまた!  

Posted by aohate at 18:15Comments(0)βスペツナズ・AK47 HC

2015年04月19日

AK βスペツナズ/AK47 HC用ハンドガードの試作!

こんばんわaohateです!
前回ちょっと紹介しましたがAK βスペツナズ・AK 47HC用ハンドガードの製作、開発を本格的に開始する前に試作品を製作してみました!
スタンダードAKのハンドガードを製作するのは初めてではないので大体わかるのですが、小さいしAK47とは違いハンドガード左右にふくらみがあるのでその辺の形状をしっかり確認しつつ製作しましたよ。
それと今回はハンドガード上をアルミにて製作してみました。こちらは以前製作していたSPASのバレルジャケットの応用です。
まずはそちらを紹介します。

アルミ板1mm厚の物を切り出して放熱穴をあけていきます。ピンポンチなるものを持っていないのでちょっと太めのビスで代用です。


ドリルで穴あけ→あらかじめ木で作っておいた型に合わせながら曲げてやり完成です。
簡単工作ですw後は磨きをかけて塗装します。アルマイト塗装なんかができればいいんですがそんな設備も無いので以前購入してみたファイン スプレーブラッセンというのを使います。




塗装では無く金属を染めるスプレーです。




4,5回塗り重ねて完成です。スプレー塗装に比べ質感はいいですね。マットな純正ハンドガードともよく合います。
なかなかかっこいいんですが、すぐに塗装がはげます、、、、


うーん。。。剥げているところはハンドガード取り付け金具にはまるところなので仕方ないかもしれないですが、気に食わないですね( 一一)
それでもいいよ!って方がおられましたらこちらのアルミハンドガードも製作可能ですよ。お気軽にご連絡下さい。

お次は下部です。今回は購入したら絶対作ってみたかったAIMSタイプのグリップ付きハンドガードを製作してみました。
見た目的にも運用上も、グリップ付きのハンドガードは短い全長に絶対に合うと思ったんです。

今回製作工程を全然写真に残しておりませんw
なのでほぼ完成状態ですが各部です。








下部に関していえば作り方的には次世代も変わりません。前後ろの取り付け部(後ろはフォアエンドバンドが入ります)が少し違うぐらいです。
小さいのとバッテリースペースが無い分次世代より簡単です。

本当は横のふくらみはなしでも良かったのですが、ふくらみを製作してみたかったという理由で今回はつけてみました。
小さいのでベルトサンダーで削りにくく、ほぼ前部リューターで削ったのですがなかなかいい感じにできたと思います。






塗装はAIMSにならってメープルツヤ有で仕上げました。
なかなか面白い感じではないでしょうか?純正ハンドガードにグリップを付けるならグリップ付きハンドガードもいいと思いますよ。
こんな感じで試作1号機は完成です。
明日からご依頼を頂いた分を製作させていただくのですが、また終わったら色々作ってみたいと思いますよ。
ではまた!  

Posted by aohate at 20:00Comments(0)βスペツナズ・AK47 HC

2015年04月17日

個人製作AKS74Nハンドガードの完成と、、、!

こんばんわaohateです!
製作途中だったAKS74Nを仕上げたり来週より始めるAK βスペツナズ用ハンドガードの製作準備をしたりと少しバタバタしておりました。
まずはAKS74Nハンドガードです!




今回はウォルナット下塗りのマホガニーツヤ有で仕上げました!






こちらはオークションに出品する予定です。
これで次世代AKシリーズの個人製作はしばらくお休みになりそうです。
今後の予定としては、ご依頼を頂いている新たなバリエーションのAK βスペツナズ・AK47 HC用ハンドガード、グリップの製作を来週からさせていただき、終わり次第新たにご依頼を頂いた次世代AKS74U用 サムホールハンドガードを製作させていただきます。
なので今ご依頼を頂いた場合五月初めごろの製作開始となります!



AKS74Nは、とりあえずultimakレイルハンドガードに戻して、集合写真です。
AK HCのハンドガードですが製作に向けて試作してみた物を取り付けています!(ご依頼を頂いた物とは形状が違うのですが)
怪しげなAKになっておりますがこちらはまた紹介させていただきます!

そういやAKS74Nのストックを折り畳んだ状態よりAK HCは短いって今日気づきました。。。
74Nほんと長いね。。。
ではまた!  

Posted by aohate at 20:14Comments(0)次世代AKS74N

2015年04月15日

ご依頼を頂いたAKS74N用ハンドガード完成!

こんばんわaohateです!
ご依頼を頂いて製作しておりましたAKS74N用ハンドガードが完成しましたよ!








こんな感じです。
いい感じにやれた感じに仕上がりました。
艶消し仕上げは派手ではないですが、渋いですねー。個人的に渋いAKは大好きなのでいいですね。
ツヤ有とはまた違った雰囲気です!
こちらは明日発送させていただきますよ。

ご依頼分の次世代AKの製作が終わったので、来週からは新たにこちらのご依頼をやっていきますよ!


新たなバリエーションにするべく買ってしまいました!
御依頼分を製作してからもしばらくはマルイAK47 HC・βスペツナズ用のハンドガード、グリップを開発・製作していきたいと思っております。
次世代AKシリーズはしばらく製作しないと思いますがご依頼はいつでも受け付けていますのでお気軽にご連絡下さいね。
ではまた!  

Posted by aohate at 20:51Comments(0)次世代AKS74N